AI(人工知能)

2023年における画像解析の使用例と事例トップ8

画像解析(CV)とは、人間の視覚能力をコンピュータや機械に再現することです。画像解析技術は、小売業、農業、製造業など多くの分野で盛んに利用されています。世界の画像解析市場は2030年までに410億ドルを超えると予測されています。(図1参照)

図1. 2020年と2030年の画像解析市場の成長

(引用:Allied Market Research – Research and Markets

画像解析への投資が増加する中、企業はこのテクノロジーについて、またどのようにビジネスに導入できるのかについてより深く学ぶ必要があります。

この記事ではさまざまな業界や事例における画像解析の使用例トップ8を紹介します。

ヘルスケア

以前は医師が病気を特定し診断を下すために医療データを分析するのに何時間も費やしていました。患者数と需要が増加するにつれ医療分野ではより早く診断を下すことがが求められています。現在医療データ分析は、画像解析技術によってより速く、より正確になりました。

1.医用画像解析

画像解析に基づくシステムはX線、CTスキャン、MRI、その他の医療画像を正確に解析し人間の目には見えない腫瘍や血栓などの異常を特定することができます。現在、市場では放射線技師が不足しているため、画像解析はこの問題を克服する手段となり得ます。

2.がんの検出

画像解析システムは、皮膚異常の画像を解析することで皮膚がんを検出することもできます。同様に、画像解析とAIを利用したシステムは、乳がん検出にも役立ちます。

製造業

製造業における画像解析の世界市場は、この技術の利点を理解する企業が増えるにつれて拡大しています。以下はその使用例です。

1.品質管理

品質管理は製造業における画像解析技術の最も一般的なアプリケーションの一つです。品質管理は繰り返しが多く、ミスが発生しやすい作業であるため、大規模な工場で実施する場合、手作業による品質管理プロセスは非効率的です。画像解析品質管理システムは、より高速かつ高精度で作業でき、製造施設の時間とコストを削減します。

以下の動画ではその仕組みについて解説しています。

ディープラーニングによる物体検出のアルゴリズム

2.設備の自動化

画像解析は、製造施設における製品部品の組み立てや作業員の安全監視など、さまざまな機能の自動化にも使用されています。

自動車業界の多くの生産施設では、より高速かつ正確に製品を組み立てるために、画像解析対応の組み立てロボットが使用されています。

小売

レジのない店舗やスマートな監視システムなど、小売業における新たなイノベーションはすべて画像解析技術によって実現されています。その方法をご紹介します。

1.レジなし店舗

コロナウイルスの世界的な大流行の中、小売店舗は顧客と従業員にとって 感染リスクの高い場所となりました。画像解析と人工知能は、小売店舗での自動化を可能にしこれらのリスクを克服するのに役立ちます。

アマゾンのレジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」が最初に登場した後、多くの企業がこのアイデアを採用し、コンビニエンスストアに画像解析対応システムを導入しました。

2.スマートな店舗監視

小売店での棚や顧客の監視は、手作業では面倒な作業です。

画像解析対応カメラでは、以下のことが可能です。

  • 店舗の棚を監視
  • 棚の各商品を監視
  • 在庫数を検査し、補充が必要な際にアラートを出す
  • 店内の顧客の動きを監視し、顧客がよく立ち止まる場所を特定する
  • 万引きや盗難の可能性のある顧客を分析する

輸送

画像解析技術は輸送業界に革命をもたらしています。

以下はその使用例です。

1 .自動走行車

世界の自動走行車市場は、2026年までに620億ドルに達すると予測されています。

画像解析は、自動走行車を機能させる中核技術です。

図2. シンプルな画像解析自動運転車システム

(引用:Medium – Where good ideas find you.

自動走行車は道路物流の効率を高め、納品完了までの時間を短縮するために物流分野の自動化にも利用されています。

自動走行トラックが物流業界のドライバー不足問題をどのように解消するかを以下の動画で見ることが出来ます。

【HTBニュース】ドライバー不足解消 大型トラックの自動運転に期待

2 .道路交通分析

画像解析システムは、道路に設置されたカメラを通じて交通状況を分析するためにも使用されています。画像解析システムのデータは、都市の交通管理システムに入力することができ、都市の交通の流れを最適化するのに役立ちます。

まとめ

画像解析技術は様々な産業において急速な進化を遂げ、革新的な解決策を提供しています。ヘルスケア分野では迅速で正確な医療診断が可能になり、製造業では品質管理や自動化において大きな進歩が見られます。小売業ではレジなし店舗やスマートな監視システムが顧客体験を向上させ、輸送業界では自動走行車や交通分析により効率的で安全な輸送が可能となっています。

農業、エネルギー、環境保護、教育、金融、観光といった多岐にわたる分野での応用も拡大しており、これにより効率向上や新たな可能性の開拓が生まれています。今後ますます進化が期待される画像解析技術は、企業や社会全体においてさらなる変革をもたらすでしょう。

Share

関連記事